10230円 生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など] KNEADER《配送タイプS》 家電 キッチン家電 ホームベーカリー 10230円 生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など] KNEADER《配送タイプS》 家電 キッチン家電 ホームベーカリー 生地の良さで味が決まる プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D 粉量250~600g 生パスタ 蕎麦 パン お餅など 最大74%オフ! KNEADER《配送タイプS》 うどん [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など],パンこね機,パンニーダー,KNEADER《配送タイプS》,家電 , キッチン家電 , ホームベーカリー,keyartdesigns.com,日本ニーダー,10230円,/canmaker427949.html,PK660D,生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など],パンこね機,パンニーダー,KNEADER《配送タイプS》,家電 , キッチン家電 , ホームベーカリー,keyartdesigns.com,日本ニーダー,10230円,/canmaker427949.html,PK660D,生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 生地の良さで味が決まる プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D 粉量250~600g 生パスタ 蕎麦 パン お餅など 最大74%オフ! KNEADER《配送タイプS》 うどん

生地の良さで味が決まる プロの手ごねを再現したこね機 注目ショップ・ブランドのギフト 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D 粉量250~600g 生パスタ 蕎麦 パン お餅など 最大74%オフ KNEADER《配送タイプS》 うどん

生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など] KNEADER《配送タイプS》

10230円

生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など] KNEADER《配送タイプS》





美味しいを簡単に。生地の良さで味が決まる!
天然酵母・全粒粉・糖質オフ・添加物なしのパンなど、
家族の健康に合わせたオリジナルパン作り。
スピード調整・タイマー設定ができ、パン、うどん、お餅、パスタ、蕎麦など
幅広い生地作りにご使用いただけます。
粉量250~600gまで対応。

取扱説明書(PDF 1.34MB)

特長

簡単操作で扱いやすい、シンプルな家庭用タイプのニーダー。
特許取得の特殊なこね羽根でパン・蕎麦・うどん・生パスタ・お餅など
様々な生地作りにお使いいただけます。
ホームベーカリーの容量では少ない、もっと色々自分で作りたいという方におすすめです。

  • 粉容量250g~600g(食パン約1斤~2斤分)対応。
  • 無段階のスピード調節が可能。(0~390回転/分)。
  • デジタル式タイマーで1~30分まで設定可能(一時停止可)。
  • 透明ポットにより生地の状態が一目で確認可。
  • 新採用のDCモーターによりパワフルかつ静音、省エネ設計。
  • ポット消耗品部分の交換が可能。

ニーダーって何?

ニーダーとは、生地の”こね”に特化した生地作り専用のこね機です。
材料投入から、こね、発酵(※)、ガス抜きまでできます。
パンはもちろん、うどんや蕎麦、生パスタや餃子の皮など、様々な料理に使うことができます。
※発酵の自動温度管理はできません

どんな人が使っているの?

  • 手ごねでのパン作りが大変・・・
  • 国産小麦と天然酵母のパンが作りたい!
  • 子供に安全なものを食べさせたい!
  • 糖尿病の家族に美味しいパンを作ってあげたい
  • ホームベーカリーは簡単だけど、満足できなくなってきた・・・
  • 常に安定した生地を作りたい
  • コシのあるうどんを作りたい!
  • パン教室での仕込み用や、試作に使いたい
  • お店で冷凍生地を使っていたけど、差別化のために手間をかけずに生地から作りたい
  • 他店の差別化で、オリジナルのパンを出したい!

特許取得の羽根と、大きめのポットで手ごねを再現!

特許を取得した特殊な形状のこね羽根で、360度全方向からのニーディングをし、空気を入れず生地を痛めず、的確に捏ね上げます。
手ごねのように生地の外側から中へと包み込むようにこねるので、グルテンの伸びが違います。
レーズンなどの副材料もつぶさず均一に混ぜ込むことができ、うどんはコシもばっちり。
国産小麦に起こりやすい、こねすぎによる生地のダレも発生しにくく、きめ細かい生地が作れます。

外釜方式で連続使用可能

従来のこね機やホームベーカリーは内釜方式がメイン。こねの最中にモーター熱がこもり、生地温度 が上昇して過発酵やアルコール臭が強く残るなど、生地に大きなダメージを与えていました。
ニーダーは外釜方式を採用することにより、モーター熱をカットして生地温度の上昇を防ぎます!
これにより、ミキサーでは不可能だった連続使用も可能に。 また、外釜方式はポットの間に保冷剤を挟んだり、ポットカバーをかけて保温したりと、温度管理の しやすい構造です。

軽量・コンパクト・静音設計

ポットの取り外しができるセパレート式で、収納もしやすく洗いやすいので衛生的!ポットをもう1つ買って、時間差で大量の生地作りをすることも可能です。

また、DCモーターの採用により、当社の従来製品に比べて音も静か。無段階でのスピード調整も可能になりました。
夜中でも気にせず生地作りを楽しめます。

2段階ニーディング

2段階ニーディングとは、1回目のニーディングで小麦粉の40%・砂糖・ドライイースト・水を入れ、2回目のニーディングで残りの小麦粉と塩を入れる方法です。 油脂類・副材料は2回目のニーディングの途中で入れます。
塩や油脂類はグルテン作りを妨げます。これらを後から入れることにより、パンが膨らまないなどの失敗が少なくなります。
ニーダーでのパン作りがうまくいかない場合は、ぜひお試しください。
失敗しにくい方法として2段階ニーディングを推奨していますが、もちろんストレート法でお使い頂くことも可能です。

プラスチックポット

透明のプラスチックポットで、ニーディング中の生地も見えます。ダブルエンボス加工が施されており、表面に凹凸で生地を滑らずしっかりキャッチ。ポットの取り外しもでき、消耗したらポットの軸だけを購入して自分で交換することもできます。軽くて扱いやすいく、パンだけでなく、水分量の少ないベーグルやうどんなどの生地作りにも適しています。

ドームふた

粉の飛散防止、乾燥対策に使えるドームふた。透明なので中もしっかり見え、ドーム型なので発酵して生地が膨らんでも大丈夫! 中のフタだけ外して材料を投入したり、生地状態の確認ができます。

シンプル設計

ダイヤル式でスピード調整と、タイマー設定ができます。スピードは無段階で調整でき、タイマーは30分まで設定可能。シンプルで、生地の状態を確かめながら進めたい方におすすめ。
※自動で温度を調整する機能はありません

仕様

製品名/品番家庭用パンニーダー PK660D
粉容量250~600g
時間設定ダイヤル式:最大30分
回転範囲(無負荷)0~390回転/分
梱包サイズ(約)幅×奥行×高さ 420×300×330mm(6.4kg)
寸法(約)幅×奥行×高さ 367×230×323mm
重量(約)5.5kg
電源交流100V 50/60Hz共用
消費電力80W
コード長約1.5m
発売日2017年6月
生産国本体:中国
ポット/羽根:日本
保証期間お買い上げから1年間
内容ニーダー本体、こね羽根、プラスチックポット、ドームふた、取扱説明書、保冷剤
JANコード4571311821333

生地の良さで味が決まる!プロの手ごねを再現したこね機 日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK660D [粉量250~600g/パン、蕎麦、うどん、生パスタ、お餅など] KNEADER《配送タイプS》

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。